写真上達

【超初心者向け解説】ノイズとは何か?ノイズが出ない写真の撮り方、除去方法なども一から説明

【超初心者向け解説】ノイズとは何か?ノイズが出ない撮り方、除去方法なども一から説明
カメラ初心者
カメラ初心者
カメラを始めてから「ノイズ」という言葉をよく聞くけど、きちんと理解していない・・・。できるだけかんたんに理解して、知らないという不安を解消したい

この記事を読むと、あなたはこうなります。

  1. 「ノイズ」とは何か?がわかりやすく理解できる。
  2. ノイズが出ない撮り方がわかる。
  3. ノイズが出た場合の対処方法がわかる。
  4. ノイズのことを知らないという不安が解消される。

ノイズをまだよく理解していないカメラ初心者の方は必見です。

【次のレベルに押し上げる】カメラ初心者に必要な基礎知識20選
【次のレベルに押し上げる】カメラ初心者に必要な基礎知識20選カメラ初心者に必要な基礎知識をわかりやすく網羅的にまとめました。トピックがたくさんあるので、必要な部分だけを読めるようになっています。基礎を学び、しっかり準備をして撮影に臨みたい方におすすめです。カメラ初心者必見の内容です。...

【超初心者向け解説】ノイズとは何か?ノイズが出ない撮り方、除去方法なども一から説明

ノイズとは、写真に出る「ざらつき」のことです。

ざっくりと大きく分けて2種類のノイズがあります。

  1. 高感度ノイズ ISO感度を上げたときに発生するノイズ
  2. 長秒時ノイズ 星の撮影など、長時間シャッターを開けていると発生するノイズ

大半のノイズは、「高感度ノイズ」です。ここでは、初心者向けに高感度ノイズについて、わかりやすく解説していきます。

ノイズは発生する原因は?

多くの場合は、光が少なく薄暗い朝夕や室内の撮影時に発生します。

暗い場合は、シャッタースピードをブレない程度まで落とした上で、ISO感度を上げますよね。

このときにISO感度を上げすぎると、ノイズが発生してしまいます。どこまで上げるとノイズが発生するかは、カメラによって違うのが厄介なところです^^;

ISO感度のことがよくわからないという方は、この記事でわかりやすく説明しているので、あわせてご覧ください。

【「超」初心者向け解説!】ISO感度とは何か?カメラの基本がスッキリわかる初心者には難しい「ISO感度」を圧倒的にわかりやすく解説します。ISO感度の基礎や、数値の目安の解説もしています。難しくて避けていたISO感度の基礎をここでスッキリ理解しましょう。カメラ初心者に有益な内容です。ぜひ参考にして、いい写真をたくさん撮ってください!...

できるだけノイズが出ないように、日々、カメラマンはノイズと戦っています。

 

ノイズへの対処方法

ノイズへの対処法はいろいろあります。

  • 三脚を使う
  • 高感度撮影時のノイズ低減機能を使う
  • 高感度に強いカメラを使う
  • 編集ソフトやアプリで補正

ひとつずつ、解説していきます。

 

三脚を使う

三脚風景撮影の場合は、これでほぼ解決します。特に朝夕の時間帯は、積極的に三脚を使いましょう。

手持ち撮影の場合は、かなり頑張っても、シャッタースピード1/60秒ぐらいが限界です。

僕は手持ちでは、せいぜい1/160ぐらいまでしか撮影しないようにしています。

三脚を使うことで、1/10秒や、数秒のシャッタースピードでもブレずに撮影することができます。

シャッタースピードを落とすことで写真を明るくすれば、ISO感を上げなくても良いということです。風景撮影ならこれでOKです。

三脚の基本的な使い方はこちらの記事で解説していますので、ご参考まで。

【初めての三脚】カメラ初心者向けに三脚の基本的な使い方を一から解説
【初めての三脚】カメラ初心者向けに三脚の基本的な使い方を一から解説三脚の使い方に関する基本的な情報を知りたいですか?本記事では、初めて三脚を使うカメラ初心者でもわかるように、一から丁寧かつ簡潔に解説しています。三脚の基本的な使い方を知りたい方は必見です。...

 

高感度撮影時のノイズ低減機能を使う

参照:CANON EOS RP 説明書

これはカメラ側の設定です。この設定をすることにより、ISO感度を上げたときに、できるだけノイズが出ないようにカメラが調整してくれます。

便利な機能がついてるので、試してみてください。

ただ、あまり強く効かせすぎると、ディテールが失われてつるんとした質感になる可能性がありますので、実際に撮ってみて効果を確認しましょう。

 

高感度に強いカメラを買う

参照:CANON ホームページ

ISO感度を上げてもノイズが出にくいカメラを、高感度カメラと呼びます。

参照:CANON ホームページ

高感度カメラには高性能のセンサーが搭載されており、このセンサーが、少ない光を増幅させて写真を明るくしてくれます。

APS-C機よりもフルサイズ機の方が高感度撮影には強いです。

特に動物撮影をする方はシャッタースピードをあまり落とせないので、自分の撮影スタイルにカメラが合っているのか?を考えた上で、フルサイズへの買い替えも検討が必要かもしれません。

 

編集ソフトやアプリで補正

LightroomLightroom

すでにノイズが出てしまった場合の対処法としては、「Lightroom」などの編集ソフトや、スマホのアプリで、ノイズを補正することができます。

Lightroomのノイズ軽減

これはわかりやすくするために極端に補正しています。

ノイズ軽減を使うとざらつきを抑えることができますが、毛並みのディテールが失われ、つるんとした質感になります。

ノイズとディテールはトレードオフの関係にあることを頭に入れておきながら使いましょう。

スマホアプリは、スナップシードを使えるようになっておくと、写真編集が楽になりますよ。詳しい使い方はこちらから。

snapseed(スナップシード)の使い方
【初心者向け】snapseed(スナップシード)の使い方を、実用的な要所のみ解説します写真編集アプリ「snapseed(スナップシード)」の使い方が難しくてよくわからないという初心者向けに書きました。iPhoneとアンドロイドどちらも使えます。実用的な要所の編集機能だけに絞って解説しますので、効率よく簡単に覚えられ、あなたの写真活動のお役に立つことでしょう。snapseedを使いこなしていきたい初心者は必見です。...

ノイズ軽減は、どうしても必要なときに、やりすぎない程度にしておきましょう。

 

tomokiの体験談

tomoki

テーマにまつわる僕の体験談をお伝えするのがこのコーナーです。今回は、「ノイズ」です。

いかにノイズが出ないように撮るかという問題は、僕だけでなく、全カメラマンにとって永遠のテーマですね。

ただ最近は、本当に高感度に強いカメラがどんどん出てきていますので、あまり気にせずにISO感度を上げられるようになってきました。

それでも全く気にしなくていいというほどではないので、今後もノイズに配慮しながら撮影していくことになるでしょう。

僕自身は、動物撮影をするので高感度撮影に弱いカメラでは、撮りたい写真が撮れません。

そんなことを全く知らない初心者時代は、入門機のAPS-C機で動物を撮っていました。エゾリスを撮りに森にいくと、天気のいい日中でも、ある程度暗いんですよね。

エゾリスは動きが早いのでシャッタースピードは遅くできない。仕方ないのでISO感度を少し上げると、すぐにノイズが出てしまうのです。

困ったな〜と思って、その日の夜にググってみると、「ああ、この撮影をするならこのカメラじゃダメなのか・・・」と気付くのです。

こうして、フルサイズに移行することになりました。実際にフルサイズで撮影してみると、やはりノイズの出方が全然違いましたね。

今回お伝えしたことを実践した上で、それでもノイズが気になる状況だったら、カメラ自体の購入検討が必要かもしれません。

一通り撮影スタイルが固まり、機材が揃うまでは、とにかくお金がかかって大変です。頑張って貯金しましょう^^

 

まとめ

ノイズとは何か?まとめ

  • ノイズとは、ISO感度を上げたときに発生する「ざらつき」のこと。
  • ノイズには、高感度ノイズ長秒時ノイズがある。
  • 三脚やカメラのノイズ低減機能を使う。
  • 高感度撮影に強いカメラを選ぶ。
  • 編集ソフトアプリでノイズを補正する。

いかがでしたか?

ノイズについて理解でき、ノイズが出ない撮り方や、対処法もわかったかと思います。

ぜひ、普段の撮影に活かし、良い写真をたくさんとってください。

 

この記事が、あなたの役に立てれば嬉しいです。

 

では、また(´∀`)ノ

 

『写真を通して、人生に感動を。』

 

カメラ用語・設定TOPへ

写真撮影記事TOPへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA