カメラ機材

【初めての三脚】カメラ初心者向けに三脚の基本的な使い方を一から解説

【初めての三脚】カメラ初心者向けに三脚の基本的な使い方を一から解説
カメラ初心者
カメラ初心者
カメラ初心者のため、まだ三脚を使ったことがないです。これから使う予定だけど、基本的な使い方を知っておきたい。

この記事を読むと、あなたはこうなります。

  1. 初めて三脚を使う前に、基本的な使い方を知っておくことができる
  2. わかりやすく、簡潔に短時間で知ることができる

三脚初心者の方は必見です。ぜひ、最後までご覧ください。

風景写真初心者の必需品12選!カメラを買ったら揃えるものはこれ!
【必読】風景写真初心者の必需品12選!カメラを買ったら揃えるものはこれ!カメラを始める方に最低限必要なものをご紹介しています。「撮影用アイテム」と「メンテナンス用品」にわけて書いています。体験談を交えながら初心者にわかりやすく説明していますので、これから本格的に写真を始めるぞ!という方に有益な記事になっています。ぜひ参考にしてください。...

【初めての三脚】カメラ初心者向けに三脚の基本的な使い方を一から解説

Velbon三脚
  1. 三脚の脚を最大限に開く
  2. 脚を伸ばして設置する
  3. 水平の調整をする
  4. カメラを取り付ける
  5. 撮影する

これらの三脚の使い方の基礎を、わかりやすく一から解説します。

三脚の脚は最大に開く

三脚の使い方

三脚の脚は、最大まで開きましょう。

なぜなら、最大まで開くことで三脚は最も安定するからです。

中途半端だと、不安定になって倒れたり、写真がブレる原因になります。

三脚の使い方

開くのが止まるところまで、最大限に開きましょう。

三脚の脚を伸ばして設置する

脚を伸ばしてから設置するまでの工程を解説します。

ロック解除

三脚の使い方

脚を伸ばすために、ロックを解除します。写真はレバーロックですが、くるくる回すタイプのナットロック式の三脚もあります。

脚を伸ばし、ロックする

三脚の使い方

脚を伸ばし、ロックします。このとき、太い方(根元の方)から伸ばしましょう。

三脚の使い方

見てわかるかと思いますが、太い方から伸ばす方が圧倒的に安定感があります。

風などで三脚がブレにくくなります。

 

三脚の脚は、前が1本、後ろが2本

三脚の使い方

三脚の脚は、カメラの前に1本、後ろに2本くるように設置しましょう。

なぜこうするかというと、前に倒れないようにするためです。

写真右の場合だと、強風や何かが接触した場合に、前に倒れる可能性があります。

道路に倒れれば、カメラやレンズが壊れることもあります。段差があって前方が低い場合は三脚ごと落ちてしまいます。

一方で、左の場合だと後ろに倒れる可能性がありますが、基本、後ろには自分が立っているので大丈夫ということです。

基本中の基本ですが、慣れてくるとおろそかにする人もいます。基本をしっかり守って撮影しましょう^^

 

高さを調整

三脚の使い方

先ほど解説した通り、三脚の脚は太い方から伸ばしますが、全部を伸ばしきっても高さが足りないときは、エレベーターを伸ばしましょう。

エレベーターが付いてない三脚もありますが、付いてる方が多いです。ただ、1本のポールが伸びるだけですので、やや安定感に欠けることは否めません。

エレベーターは最後の手段として使ってください。

 

水平を調整する

三脚の使い方

三脚が水平になるように調整します。写真は極端な例ですが、このように1本の脚だけ長く伸ばすこともあります。

「三脚が斜めになっていても雲台で調整すれば、水平垂直を取って撮影できるじゃん」

と思う方がいるかもしれませんが、三脚の重心がずれてしまうので、不慮の接触などにより、三脚が倒れる危険性があります。

水平に撮ることを目的にするのではなく、三脚自体が水平になるように注意しましょう。この基本が守れていれば、トラブルなく撮影できます。

 

カメラを取り付ける

三脚の使い方

最近の三脚は、写真のようなクイックシューを採用する三脚が多いです。カメラの下のネジ穴にこのようなものを取り付け、下の写真のように、斜めに滑り込ませるように装着し、固定します。

三脚の使い方

必ずカチッと音がするのを確認してください。

たまにカチッとしないのに、取り付けできたように見えることがあります。

安心して手を離すとカメラが落ちるので、気を付けましょう。

これで、撮影が可能な状態になります。

 

撮影する

三脚の使い方

撮影時の注意点として、「手ブレ補正機能」があります。

CANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

STABILIZERというのが手ぶれ補正のことです。

手ぶれ補正機能は、手持ち撮影したときの揺れを補正する機能のことです。

三脚使用時の独特の揺れは、手ぶれ補正が正常に機能しなくなることがあり、手ブレ補正をONにしていると、逆にブレてしまうことがあるのです。したがって、手ブレ補正をOFFにしましょう。と一般的には言われます。

しかし、三脚使用時もONにして大丈夫なレンズもあるので、自分のレンズの説明書を読んで、確認しておきましょう。

ちなみに上の写真のレンズはONにしていても大丈夫なので、いつもこのまま三脚で撮影しています。

以上が、基本的な三脚の使い方でした。

 

注意点:石突きの紛失に気をつけよう

三脚の使い方

ひとつだけ注意点を。三脚の先端部分を「石突き」といいます。高価な三脚になってくると、取り外して交換できるものもあります。

三脚の使い方

ゴムスパイクなどの石突きがあり、撮影地の地面の状態によって使い分けることができます。

この石突きがけっこう緩みやすいんです。いつの間にか勝手に緩んで、紛失してまうこともあります。

僕は紛失こそありませんが、外れそうなになるほど緩んでいたことが何度かあります。なくしたという話もたまに聞きますね。

石突きを交換できるタイプの三脚は、たまに締めてあげましょう。

 

tomokiの体験談

tomoki

テーマにまつわる僕の体験談をお伝えするのがこのコーナーです。今回は、「三脚の使い方」ですね。

僕は最初にしっかりと三脚の基本を学ばないまま撮影していました。「カメラを固定して撮るのが三脚でしょ」という程度の意識でしたね。笑

だから、三脚の前側に脚が1本くるようにとか、手ブレ補正をオフにするとか、全然知りませんでした。

三脚の脚を最大に開くということすらおろそかにしていて、倒れそうになることは日常茶飯事。ナット式三脚では、ちゃんと締まっていなくてスルスルと三脚の脚が縮んで傾くこともありました。

今振り返れば、なんて危険なことをしていたんだろうとゾッとします。カメラやレンズを破壊していてもおかしくなかったですね。

で、やっぱりこんな状態だといい写真は撮れないんですね。なぜなら、三脚を使うのいい写真を撮るためだからです。カメラを固定させるためではありません。

しっかりと基本ができていて、いつだってシャッターチャンスを逃さない準備ができている人が、いい写真を撮ることができます。

普段の仕事でもいっしょですよね。何事も基礎が大事だなぁとつくづく思うのです。

そういう意味では、今回の記事を読んでいただければ、三脚の基礎・基本が身につくと思いますので、ぜひ実践してくださいね。

 

まとめ

三脚の使い方まとめ

  • 三脚の使い方の基本をしっかりと押さえる
  • 基本を押さえることで、撮影の準備が整う
  • 三脚は良い写真を撮るために使う

いかがでしたか?

三脚の基本がわかり、これで良い写真を撮る準備ができるのではないかと思います。

三脚を正しく使い、良い写真を量産してください^^

 

では、また(´∀`)ノ

 

『写真を通して、人生に感動を。』

 

【知識ゼロのカメラ初心者向けに解説】三脚の基礎知識(必要性、種類)
【知識ゼロのカメラ初心者向けに解説】三脚の基礎知識(必要性、種類)カメラ初心者に必要な三脚の基礎知識を解説しています。三脚の必要性や使い方、自分にはどんな三脚が必要なのか、初心者におすすめの三脚などがわかります。基本的な知識を網羅することができるので、初心者カメラマン必見の内容です。...
【知識ゼロのカメラ初心者向けに解説】三脚の選び方。おすすめ三脚も紹介。
【知識ゼロのカメラ初心者向けに解説】三脚の選び方。おすすめ三脚も紹介します。カメラ初心者でもわかるように、三脚の選び方のポイントを解説し、初心者におすすめの三脚もご紹介します。初めての三脚購入でなにを選べばいいかわからない方、高価なので失敗したくない方、自分に最適な三脚を選びたい方は必見の内容です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA