カメラ機材

カメラやレンズの中古ってどうなの?カメラのキタムラで購入した感想

カメラやレンズは価格が高いので、中古が気になっていますが正直、不安もあります。実際のところ、中古ってどうなんだろう?使っている人の感想が聞きたい・・。

そんな方に向けた記事を書きました。

この記事で解決できるお悩み
  • 中古カメラやレンズのメリット・デメリットは?
  • 中古を使ってる人の体験談を聞きたい
  • 中古カメラ・レンズの購入店や買い方は?

高価な買い物なので、中古を利用したことがない人は不安だと思います。

本記事を読むことで、中古カメラ・レンズの知識が身につき、安心して利用できるようになります。

筆者の経験が満載ですので、参考にしてください。

この記事を書いた人

tomokitomoki

【北海道美瑛町のフォトグラファー】

詳しいプロフィールを見る

地元をこよなく愛する田舎のフォトグラファー。北海道美瑛富良野をメインフィールドに、年間250日以上、自然風景を撮影している美瑛町民です。写真は人生を豊かにしてくれます。

  • Kindle写真集「美瑛富良野ひととせ記」シリーズ出版中(全12冊の予定)。おかげさまで複数の写真集がAmazon新着ランキング1位獲得^^
  • 2021年KANIフィルターフォトコンテスト入賞
  • 風景写真が上手くなる無料メルマガ配信中
  • インスタグラムフォロワー5000人
  • 星のソムリエ(準星空案内人)
  • 丘のまちびえいファンガイド

インスタグラムはこちら→tomoki_biei
ツイッターはこちら→@tomoki_biei

【初心者向け】カメラ・レンズの中古ってどうなの?

結論から言ってしまうと、

中古カメラや中古レンズは積極的に買ってOK。賢く機材運用しましょう。

そうお伝えします。

「カメラって高価なものだし、中古はなんか不安だなぁ」と思いますよね。僕も最初はそうでした。でも今は新品を買うしかないという場面でしか、新品は買いません。

中古のメリットやデメリット、選び方などがわかれば、不安もなくなり、コスパ良く機材運用ができるようになります。

実際に僕の買い方で購入した中古カメラやレンズで不具合などが起きたことはありません。

中古の買い方にはポイントがあります。

中古カメラ・中古レンズ選びのポイント
  1. メリット・デメリットを把握する
  2. どこで買うのか
  3. 中古カメラ・レンズのどこを見るのか

これらを解説していきます。

 

中古カメラ・中古レンズのメリット

中古カメラ・中古レンズのメリット

メリットは以下のものがあります。

  • 安い
  • 思ったより長く使える
  • 中古で買ってもリセールが良い

 

安い

最大のメリットは価格が安いこと。

これに尽きます。

カメラ機材はお金がかかるので助かります。

思ったより長く使える

「中古だから長持ちしないんでしょ?」と考えがちですが、意外と耐久性があります。

僕自身、5年前のレンズを普通に使っていますし、10年20年使う人もたくさんいます。

中古で買ってもリセールが良い

カメラやレンズは価格が下がりにくいのも大きなメリットです。

良い状態の中古品を買うとコスパ良く運用ができます。

 

中古カメラ・中古レンズのデメリット

中古カメラ・中古レンズのデメリット
  • 状態がピンキリ
  • 購入に対する不安
  • 在庫がないこともある

 

状態がピンキリ

新品と違って当たり外れがあるのが一番のデメリットでしょう。

「とにかく最安値」という精神だと痛い目にあうかもしれません。

購入に対する不安

「中古は不安だから、高いけど新品を買おう」となりがち。

中古を正しく知ることでこれは解消できます。

在庫がないことも

人気のカメラやレンズは、中古市場に出てもすぐに無くなる傾向があります。

いくつか対策がありますので、後ほどご説明します。

 

メリット・デメリットの考察

中古カメラ・中古レンズを正しく理解するメリット・デメリットは当然存在します。

大事なのは、中古カメラ・中古レンズのメリット・デメリットを正しく理解し、自分にとっての最適解を導き出すことです。

そうすれば、極めてコスパ良くカメラ・レンズの運用ができるようになります。

 

中古で買うならカメラのキタムラがおすすめ

中古カメラ・レンズの購入はカメラのキタムラなどの大手カメラ店がおすすめです。

特に初心者はこの方法が良いでしょう。

なぜなら、

カメラのキタムラには、

中古商品の状態を表す明確な基準が存在するから。

だから初心者でも失敗しない買い物ができるのです。

マップカメラなども良いと思います。具体的に見てみましょう。

カメラのキタムラの場合

「カメラのキタムラ」ホームページより

カメラのキタムラでは、状態を明確にランク分けして表示しています。

カメラのキタムラのカメラチェック「カメラのキタムラ」ホームページより

一定の基準でさまざまなカメラを評価しランクをつけるので、買う側も安心して判断できます。

 

マップカメラの場合

「マップカメラ」ホームページより

マップカメラも同様です。

マップカメラ・カメラの商品コンディション「マップカメラ」ホームページより
マップカメラの商品写真掲載「マップカメラ」ホームページより

写真も多くて良いですね。

これらの要素が、大きなカメラ店で買う最大の理由です。とても安心感がありますよね。

 

フリマサイトの場合

一方で、ヤフオクメルカリはどうか?

商品状態の記載があることもありますが、あくまでも出品者の主観による状態表示となります。

AさんとBさんの2人が同じ型式のレンズを出品しているとします。

状態「良」と買いてあったとして、Aさんの「良」とBさんの「良」が同じとは限りません。

また、どちらも「ズームレンズのため、多少のホコリの侵入はあるかと思います。」と書いてあっても、2人の判断基準が同じではないので比較することができません。

 

「多少」がどれぐらいか人によって違いますよね。

購入者の立場で考えると、実際にレンズが届いてみて「多少のホコリじゃないじゃんこれ」ということもありえます。

キタムラやマップカメラなどの状態表示は、すべて同じ基準で評価しているので大きな誤差が出ないのがメリットです。

 

とはいえ、ヤフオクやメルカリは、「出品者を評価する」という制度がありますよね。

そのため嘘や誇大表示は少ないと思いますが、高額商品なので何があるかわかりません。やはりキタムラなどに比べると信頼性が劣るのは否めません。

実は僕は、メルカリで中古レンズを販売したことがあります。

写真を10枚フルに使って、トラブルなどがないように注意して、かなり丁寧にレンズ状態を記載しました。

数日後に売れましたが、「これって、出品者のさじ加減一つでどうとでも思わせることができちゃうなー」と少し怖くなったのを覚えています。

 

結論としては、「まずキタムラで安めのレンズを買ってみよう。」です。

一度買えば、キタムラの「AB」という評価はこれぐらいなのね。
ということがわかりますので、自分の中にも基準を作ることができます。

オークションよりも価格は高いのがデメリットではありますが、カメラやレンズの中古をネットの個人売買で、しかも最安値で買おうという手法はリスクがあるなぁと思いますね。

以上の理由から、カメラのキタムラやマップカメラが良いと思います。僕はマップカメラで購入した経験がないので、ここではキタムラさんをおすすめしておきます。

 

過去にキタムラで購入した中古カメラ・レンズ

僕が過去に購入したカメラとレンズは以下のとおり。

カメラ Canon EOS 5D MarkⅣ 3年使用 カメラのキタムラ
カメラ Canon EOS 1DX MarkⅡ 1年使用 カメラのキタムラ
レンズ Canon EF70-300mm F4-5.6 ISⅡ USM 3年使用 カメラのキタムラ
レンズ Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM 3年使用 カメラのキタムラ

現時点での使用期間はこれぐらいで、カメラ2台とレンズ2本をカメラのキタムラで購入しました。

さらっとご紹介します。

中古カメラ:Canon EOS 5D MarkⅣ

今まで一番長くメインで使用してきた愛機です。
ランクはA(美品)でした。

購入時の状態も良く、何のトラブルもなく今に至ります。

このころは細かいところはよくわからずに購入しました(ノ_・。)

主に風景撮影のメイン機として使用しています。

 

中古カメラ:Canon EOS 1DX MarkⅡ

店舗でじっくりと実機を確認し購入。ランクはAB(良品)でした。

店員さんに聞くと、シャッター回数は10万回ほど。

EOS 1DX MarkⅡは、30〜40万回程度は大丈夫なので問題ないですよと助言をいただきました。

一箇所アイカップに大きめの傷がありましたが安いものなので購入して交換。

あとはとても綺麗。野生動物撮影のメイン機です。

 

中古レンズ:Canon EF70-300mm F4-5.6 IS Ⅱ USM

状態が良いのを選んだので何も問題なく満足しています。これも確かAB(良品)だったと思います。

外観に多少のスレと、レンズ内に多少のホコリが見えましたが、写りには全く影響なしです。

風景撮影をしながら動物も撮れてしまう便利なレンズとして使用頻度が高いです。

安いけどお気に入り。

 

中古レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM

いわゆる大三元レンズです。
ランクはA(美品)です。

これも使用していると自然と付いてしまうような細かい傷やスレ、レンズへの小さなホコリなどの混入はありますが、使用にはまったく影響ありません。

3年間現役バリバリで使用しています。

不具合などは一度もなく、とても満足しています。

 

tomoki
tomoki
これまで中古カメラと中古レンズを4回購入しましたが、どの機材もトラブルもなく運用できています。中古に対する悪いイメージはほぼありません。

 

カメラのキタムラでの中古カメラ・レンズの買い方

僕の買い方は次の通り。

  • 状態ランク「AA」「A」「AB」しか買わない
  • できれば店舗に行って触ってみる
  • HPで気になった商品を店舗に取り寄せする

これを鉄の掟にして購入しています。

 

状態ランク「AA」「A」「AB」しか買わない

なぜこのランクしか買わないかというと、はじめて購入するときに口コミ等を調べまくってこれなら大丈夫だろうとたどり着いたのがこの結論です。

たぶん「B」「C」でも問題ない商品はたくさんあると思います。

ただ、初めて買おうと考えている方は「AB」以上をおすすめします。

実際、僕が4回中古購入で失敗していないという実績がありますので。

あと、状態の良いカメラやレンズを買うことで、売るときも高値で売れやすいです。

購入額に近い価格で売れることもありますので、長期的な運用を視野に入れてもAB以上を推奨します。

 

できれば店舗に行く

店舗が近くにない方は仕方がないですが、行ける方は行ってみるのがいいです。

店舗ではもちろんランクも見れますし、店員さんにいろいろと質問したり、会話しないとわからない情報を知ることができます。

店員さんは仕事上いろんなカメラに触れていますので、ネットに落ちていない有益な情報をたくさん持っています(けっこう重要です)。

初心者だとネットのみの判断は不安ですよね。

 

気になったカメラやレンズを店舗に取り寄せする

HPで直接中古品を買うこともできますが、「これいいな」と気になるのが見つかったら、店舗に取り寄せしてもらうことも可能です。もちろん無料です。

そこで手に取り、確認して大丈夫なら購入。もちろん購入しなくてもOK。という流れ。高額な商品なら全然アリというか、そうした方がいいです。

このシステムは素晴らしいですよね(^^

 

実機を見る場合のポイントや注意点

カメラのマウント部とイメージセンサー

自分で実機を見るときのポイントや注意点はこんな感じです。

  • 傷、カビ、ホコリの有無
  • マウントの磨耗
  • ピントのずれなどAFを確認
  • センサー汚れ
  • シャッター回数

正直、初心者のうちは判断できないと思います。

僕も4年間でいろんなカメラやレンズを使い、経験を重ねることでようやく判断できるようになってきました。

そこでおすすめの方法があります。

キタムラの店員さんを味方につけましょう。

先ほど挙げたポイントを店員さんに聞いてみると、ちゃんと教えてくれると思います。

「今回のカメラはこれから長く使っていきたいなと思ってるんですけど、プロの目線でちょっとアドバイスをいただきたいんですが・・」「普段はこんな撮影してるんですけど・・」

みたいな感じで切り出すと会話が始まるので、その中で「マウントの磨耗をチェックした方がいいって聞いたんですけどこのカメラは問題なさそうですか?」とか、「シャッター回数どれぐらいですか?」「5万回です」「それって多いですか?」などなど、プロの力を頼ると良いです。技術的なことがめっちゃ詳しい人が1人はいるので。

tomoki
tomoki
これらを全部実行すれば、中古購入で失敗しないはずです。事実、僕が失敗していないのはこれをやっているからだと確信しています。

 

カメラのキタムラ・中古購入お役立ち情報

カメラのキタムラお役立ち情報キタムラで購入するにあたり、知っておくと便利なことがいくつかあるのでご紹介します。

  • 近くの店舗をチェックしておく
  • お気に入り登録をしておく

 

近くの店舗をチェックしておく

カメラのキタムラ店舗情報中古で欲しいカメラやレンズがあるときは、近くの店舗情報をチェックしておくと良いです。

けっこう入荷情報が流れてきます。

 

お気に入り登録をしておく

カメラのキタムラのお気に入り登録気になる商品の詳細画面で「お気に入り登録」をポチッと押しておくと通知の設定ができます↓↓

カメラのキタムラのお気に入り登録いよいよ買うぞという段階だといろんなサイトをチェックすると思いますが、これはとても便利なので活用してください。

カメラのキタムラのお気に入り登録メールこんな感じでメールがきます。

tomoki
tomoki
以前、中古レンズを買うときに大変お世話になりました。

 

【おまけトーク】カメラ・レンズの中古相場

tomoki

カメラをはじめて驚いたことがあります。

他の中古市場と大きく違い、カメラ・レンズは想像以上に価格が下がらないことです。

これがすごいなーと思いました。

リサイクルショップに何かを売ると、死ぬほど安いじゃないですか。

「これはそこそこ高く売れるだろう」と思ったものが二束三文で絶望した経験は誰でもあるでしょう。

僕は10万円以上で購入したスノーボードが1000円と査定され絶望したことがあります。笑

でもこんなのはよくある話ですよね。

それが通常なので、カメラやレンズの相場が下がらないことに衝撃を受けました。

新品で12万円で購入したレンズが、2年後に8万円ぐらいで売れたときに実感しました。

だから、「売る」というところまで見据えた上で買うと、コスパ良く運用できます。

僕は中古市場なんてどうせリサイクルショップ状態だろうというイメージを持っていたので、新品購入したレンズの箱など、付属品は邪魔なのですべて捨てていました。

ですが、売るときに箱があった方が査定に有利です。初心者の皆さん、カメラやレンズの箱は捨てないようにしましょう。

 

「カメラ・レンズの中古ってどうなの?」まとめ

カメラ・レンズの中古ってどうなの?まとめ
  • 中古購入を活用してコスパ良く運用しよう
  • 安くてリセールが良いのがメリット
  • 当たり外れがあるのがデメリット
  • フリマサイトの最安値を買わない
  • キタムラマップカメラなどで買う
  • 売ることも見据えた上で購入する
  • カメラ・レンズの箱は捨てない^^

>>カメラのキタムラ公式サイト

カメラやレンズは賢く運用すると、とてもコスパよく効率的に買い換えていくことができます。

ぜひこの記事が役に立ててください。

では、また(´∀`)ノ

tomoki(tomoki_biei)でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA