カメラレンズ

【失敗しないレンズ選び】canonおすすめ広角レンズ(ミラーレス/一眼レフ)

【失敗しないレンズ選び】canonおすすめ広角レンズ(ミラーレス/一眼レフ)

「Canonの広角レンズを購入したいと検討している。でもレンズは高価だ。失敗したくないしとても不安。情報収集した上で、納得してから購入したい。」

tomoki
tomoki
あなたはこのように考えていませんか?

もしそうだとしたら、この記事は最適です。

Canonユーザーである筆者が、ミラーレスと一眼レフの「おすすめ広角レンズ」をご紹介します。

新品・中古もそれぞれご紹介し、筆者の体験談もお話ししますので、あなたのレンズ選びの有益な情報源になると思います。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

関連【正しく使えてる?】風景写真における『広角レンズ』の使い方
関連 風景撮影におすすめのCanonレンズ3種(標準・望遠・広角)紹介

【失敗しないレンズ選び】canonおすすめ広角レンズ(ミラーレス/一眼レフ)

RF15-35mm F2.8 L IS USM

RFレンズ(ミラーレス)EFレンズ(一眼レフ)に分けてご紹介しています。あなたが該当する方をお読みください。

ただ、ミラーレスに関しては、マウントアダプターを装着して、一眼レフ用のEFレンズを使いたい方もいます。

そういう方は、両方読むと最適なレンズ選びができます。

ちなみに、その際に使用するアダプターはこちらになりますので、あらかじめリンクを貼っておきます。↓

created by Rinker
¥12,700
(2022/10/01 08:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

記事内で、中古購入も選択肢のひとつとして紹介しています。

ほかに、中古についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、興味がある方はご覧ください。↓

カメラやレンズの中古ってどうなの?カメラのキタムラで購入した感想カメラやレンズの中古購入について、実際に買った経験を織り交ぜながらわかりやすく解説しています。まだ中古で買ったことがない方や、中古購入に興味がある方は必見です。  ...

 

RFレンズ(ミラーレス)

RFレンズは、超広角までカバーする広角レンズはまだ1本しかありません。

これからラインナップが増えてくると思いますが、唯一の一本をご紹介します。

RF15-35mm F2.8 L IS USM(新品)

created by Rinker
¥288,700
(2022/10/01 15:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

レンズ構成 12群16枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.21倍(35mm時)
フィルター径 82mm
最大径×長さ 約φ88.5mm×126.8mm
質量 約840g

Canonが発売した最新の大口径広角Lレンズです。

手ブレ補正効果が向上し、EF16-35mm F2.8L III USMから、さらに性能が向上して登場しました。

EF16-35mm F2.8L III USMと比較すると、手ぶれ補正が搭載されましたので、手持ち撮影が有利になります。

さらに、「ナノUSM」という超音波モーターが搭載されました。AF(オートフォーカス)が高速化され、滑らかになります。

AF性能は、EFレンズでも何も問題なかったので、動画撮影時のAFが意識されているように思います。

価格が高いのが最大のネックですが、性能を求めるならこのレンズが現時点で最高峰でしょう。

  • ミラーレスユーザー
  • 性能重視
  • 予算あり
  • 手持ち撮影
  • 暗所撮影
  • ボケが強い

こんな方におすすめの珠玉の1本です^^

 

RF15-35mm F2.8 L IS USM(中古)

↑中古在庫があれば、リンク先で「中古:〇〇円」と表記されています。
少しでも価格が安い方がいいという方は、中古購入も視野に入れましょう。

新品よりも5〜6万円ほど安い(2021年5月)ので、レンズの状態を見極めて賢く購入できれば良い買い物になるはずです。

購入の要点は、先ほどご紹介したリンクからご覧ください。

 

EFレンズ(一眼レフ)

EFレンズはラインナップが多いです。単焦点・ズームレンズを合わせると20mm以下の広角レンズが7本あります。

その中から、特に凡庸性の高いおすすめの2本をご紹介します。

EF16-35mm F2.8L III USM(新品)

created by Rinker
¥258,580
(2022/10/01 15:52:13時点 Amazon調べ-詳細)

レンズ構成 11群16枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.25倍(35mm時)
フィルター径 82mm
最大径×長さ φ88.5mm×127.5mm
質量 約790g

僕が現在使用しているレンズです。

プロやハイアマチュアが好んで使う、通称大三元レンズと呼ばれる、最高峰のレンズ

歪曲収差の抑制、色収差大幅低減、フレア・ゴーストの低減など、Ⅲ型まで進化を続け、たどり着いたのがこのレンズ。

解放F値2.8が最大の魅力ですね。

僕も風景撮影で使用していますが、ズーム全域で、周辺部までシャープな高画質で撮影できますので、不満はありません。AFも早く、早朝や夕方の撮影もOKです。

ミラーレスのRF15-35mm F2.8 L IS USMと比較すると、3〜5万円ほど安いです(2021年5月)。

ミラーレスの方で高品質の広角レンズ購入を検討している方は、このレンズを運用するのもおすすめですよ。

  • フルサイズ一眼レフユーザー
  • 性能重視
  • 予算あり
  • 暗所撮影
  • ボケが強い
  • ミラーレスで性能良くコスパ良く運用したい

こんな方におすすめの、EF最高峰レンズです^^

EF16-35mm F2.8L III USM(中古)

↑中古在庫があれば、リンク先で「中古:〇〇円」と表記されています。
RF15-35mm F2.8 L IS USMとの比較は、新品だと3〜5万円程度安いと紹介しました。

中古になるとさらに安くなるので、性能良く、コスパも良いレンズ運用として視野に入れていいでしょう。

 

EF16-35mm F4L IS USM(新品)

created by Rinker
¥112,339
(2022/10/02 06:11:29時点 Amazon調べ-詳細)

レンズ構成 12群16枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.23倍
フィルター径 77mm
質量 約615g
最大径×長さ φ82.6mm×112.8mm
手ブレ補正効果 4.0段分(CIPAガイドライン準拠)

「EF16-35mm F2.8L III USM」との比較が気になるところですよね。

「EF16-35mm F2.8L III USM」との比較

  • 「F4」と明るさが落ちる
  • フレア・ゴーストの低減性能が劣る
  • 描写性能が劣る
  • 手ぶれ補正機能あり(F2.8はない)

「EF16-35mm F2.8L III USM」が素晴らしすぎるので、比較すると当然、性能は劣ります。

ただ、手ぶれ補正が付いているのがひとつポイントですよね。手持ち撮影が多い人にはありがたい機能です。

そして、こんな人におすすめだと思っています。

  • フルサイズ一眼レフユーザー
  • 手持ち撮影が多い
  • 価格重視
  • F2.8の明るさが必要ない
  • ボケの撮影が多くない

ちなみに僕の場合、風景撮影が多いので、F2.8まで必要ないことが多いです。

F16とか絞り込む方が多いし、ポートレートも撮影しません。花の撮影でふわっとボカしたいときぐらいしか、2.8は使いません。

たまーに、テーブルフォトで重宝することはありますが、今から買うならF4でいいかなと思うぐらいです。

ちなみにフレア・ゴーストに関しては、F2.8とF4では採用している技術が違うので、明らかに差があります。

ただ、強い光が入ると、F2.8のレンズでもフレア・ゴーストは発生します。

「F2.8だと全くで出ないけど、F4だと出る。」という状況なら2.8が断然良いですが、僕は「しっかりとハレ切りをする」という基本をやれば良いと思う派です。

このレンズの最大のメリットは価格です。F2.8まで必要ない人は、このレンズが最適解かもしれません。

自分の撮影スタイルを今一度、考えてみるとよい選択ができるでしょう。

 

EF16-35mm F4L IS USM(中古)

↑中古在庫があれば、リンク先で「中古:〇〇円」と表記されています。
中古だとかなり手頃な値段ですね。中古市場にも数多く出回っているレンズです。

きちんと選ぶことで、良い買い物ができると思います^^

 

tomokiの体験談

tomoki

ここでは、広角レンズ購入にまつわる僕の体験を語ります。

僕は自分の性格上、レンズ沼に陥ることを予測していたため、そうならないように、最初からいいレンズを買いました。

いきなり「EF16-35mm F2.8L III USM」を購入したため、思惑通りレンズ沼に陥ることはありませんでした。

その点は良かったのですが、僕の撮影スタイルにはオーバースペックだったかなと思っています。

F2.8を活かした撮影は正直、少ないです。

今の僕が、広角レンズを買おうとしている昔の自分に対してアドバイスするとしたら、

EF17-40mm F4L USMでいいよ。」と言うでしょう。ミラーレスを使っているなら、これをマウントアダプターで運用すればいいと言いますね。

風景写真を撮っていながら、広角レンズの使用が少ないのも大きな理由です。

いいレンズを持っていて損はないです。現状に全く問題はないのですが、現実的には予算と相談しながらの運用になりますよね。

その都度、最適解を出して選択していくには、自分の撮影スタイルを把握しておくことが大事だと実感しています。

そこを意識すると、良い選択ができると思います^^

 

まとめ

Canonおすすめ広角レンズまとめ

  1. RF15-35mm F2.8 L IS USM(新品/中古)
  2. EF16-35mm F2.8L III USM(新品/中古)
  3. EF16-35mm F4L IS USM(新品/中古)
  • 新品・中古を選択しよう
  • 自分の撮影スタイルを把握して最適解を出そう

いかがでしたか?

この記事の情報により、あなたに合う広角レンズがわかり、高価なレンズ選びの不安がかなり軽減されたと思います。

しっかり検討して良い買い物をしてください。

 

この記事がお役に立てれば嬉しいです。

では、また(´∀`)ノ

『写真を通して、人生に感動を。』

関連【正しく使えてる?】風景写真における『広角レンズ』の使い方
関連 風景撮影におすすめのCanonレンズ3種(標準・望遠・広角)紹介

【絶対お得】ふるさと納税でもらえるレンズフィルター9選(ND・PL・プロテクト・クロス・ソフトフィルター)
【絶対お得】ふるさと納税でもらえるカメラレンズフィルター9選(ND・PL・プロテクト・クロス・ソフトフィルター)C-PLやNDフィルターなど、カメラのレンズフィルターはふるさと納税の返礼品で超お得にもらうことができます。ふるさと納税初心者でわかりやすい記事になっていますので、ぜひ参考にしてお得にゲットしましょう。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA