カメラ設定

【カメラ初心者必見】ホワイトバランス設定は基本「オート」でOK

カメラ初心者のホワイトバランス設定はオートでOK
カメラ初心者
カメラ初心者
ホワイトバランスってどれを選んでいいのかよくわからない。初心者にわかりやすく教えてほしい。

この記事ではホワイトバランスについて、初心者向けにわかりやすく説明しています。

記事を読むことで、ホワイトバランスを理解し、撮影の不安がなくなります。ぜひ、最後まで読んでみてください。

【次のレベルに押し上げる】カメラ初心者に必要な基礎知識20選
【次のレベルに押し上げる】カメラ初心者に必要な基礎知識20選カメラ初心者に必要な基礎知識をわかりやすく網羅的にまとめました。トピックがたくさんあるので、必要な部分だけを読めるようになっています。基礎を学び、しっかり準備をして撮影に臨みたい方におすすめです。カメラ初心者必見の内容です。...

初心者のホワイトバランス設定は基本「オート」でOK

ホワイトバランス参照:Canon EOS RP 説明書
  • 初心者のホワイトバランス設定は、基本「オート」
  • 「これは自分のイメージと違うな」と思ったときだけ自分で変更する

これで良いと思います。

なぜなら、写真を撮るたびにホワイトバランスを変更するのは、初心者にとってはけっこうな手間だからです。

いえ、初心者じゃなくても手間です。笑

写真を撮るときに考えることは、以下のようにたくさんあります。

  • 構図
  • シャッタースピード
  • 絞り
  • 露出

カメラには便利な機能がたくさんありますので、カメラに任せられる部分は任せて、変更したいときだけ自分で変える。

うまく活用していきましょう。

ホワイトバランスとは何か

ホワイトバランス参照:Canon EOS RP 説明書

そもそもホワイトバランスとは何かということについて簡単に触れておきます。

ホワイトバランスは色温度とも呼ばれ、モードによって写真の色味を変えることができます。

上の表のように、これだけの種類があり、それぞれ色味が違います。

では、実際の写真を見てみましょう。

ホワイトバランスの比較ホワイトバランス:太陽光
ホワイトバランスの比較ホワイトバランス:日陰
ホワイトバランスの比較ホワイトバランス:くもり
ホワイトバランスの比較ホワイトバランス:白熱電球
ホワイトバランスの比較ホワイトバランス:白熱蛍光灯

ホワイトバランスによって、これだけ写真の雰囲気が変わりますので、写真表現の上では、重要な要素のひとつになります。

この写真は雪原ですので、青みを強くすれば寒さを表現できますし、黄色みが強くなれば、朝日や夕日の時間帯や、柔らかさを表現できます。

 

ホワイトバランスの設定方法

参照:Canon EOS RP 説明書

このように設定しますが、最近のカメラはオート(AWB)が2種類あります。

これは好みになりますので、どちらを基本にするかは実際に確認した上で決めておくと良いでしょう。

ホワイトバランス設定の注意点

前々回の記事では、JPEGのみの撮影を推奨しました。

【一眼レフ・ミラーレス】カメラ初心者の記録画質はRAW?JPEG?
【一眼レフ・ミラーレス】カメラ初心者の記録画質はRAW?JPEG?一眼レフやミラーレスカメラの記録画質の設定がよく分からないという初心者に向けた記事です。カメラ歴4年のcanonユーザーである筆者が、初心者におすすめの設定や、RAWとJPEGの違いなどもわかりやすく解説していますので、知識のない初心者に有益な内容です。ぜひ参考にしてください。...

RAWとJPEGではホワイトバランスの扱い方も変わります。

これは重要ですので知っておいてください。

RAW現像ではホワイトバランスを画質の劣化なしに自由に変更が出来る。

  • RAW:ホワイトバランスは現像であとから自由に変えられる
  • JPEG:変えられる幅がRAWと比べて極端に狭い

という理由から、とりあえずオートで撮っておいて、現像で調整しよう。ということが可能です。

一方、JPEGはある程度、自分のイメージに近い色味で撮影しておく必要があります。

ですので、「もう少しクールな雰囲気かなー。でもなー。」みたいなときは、ホワイトバランスを変えて何枚か撮影しておくことをおすすめします。

僕もそうすることがたまにあります。

でも実際のところ、初心者の段階ではそれもあまりないと思いますが、覚えておくといざというときに役立ちます。

tomokiの経験談

tomoki

ホワイトバランスにまつわる体験談としては、前回のピクチャースタイルの話と同じで、「RAWにしとけばとりあえず間違いないでしょ。」という理論で撮影していました。

ホワイトバランスをオートで、記録画質をRAWで撮影し、現像のときに自由に変えられるようにしておくということです。

おそらく初心者のかなり初期の頃でも、ネットで調べて「RAW」という言葉を知りますよね?

そこで得た知識から導き出される結論は、「RAWにしとけば間違いない」になりがちだと思います(僕はそうでした)。

「あとでちゃんと仕上げるからいいや」という意識になると肝心要の撮影がおろそかになり、自然と作品の影響してくるものです。

僕が初心者時代の自分にアドバイスするとしたら、「ちゃんとカメラの基礎を勉強しろ。」と言いますかね^^それほど基礎が大事です。

  • RAWとJPEG
  • ピクチャースタイル
  • ホワイトバランス
  • 測光

などなど、基礎となる知識は本当に重要です。きちんと理解すると、確実に写真が上達します。

とはいえ、いちいち面倒ですよね。カメラの勉強って。笑

とにかく専門用語が多いし、メカメカしいし、避けてしまいがち。僕も完全にそうでした。

でも今思えば、その行動は完全に遠回りだったと言い切れます。

ですので、このブログでは、

  1. できる限りわかりやすく、
  2. 専門用語を最小限にとどめ、
  3. たとえ話も使いながら、

解説しています。

初心者の方は、一日1記事でいいので、読んでみてください。

僕のように遠回りせず、基礎の力が身につくことは間違いありません。

まとめ

ホワイトバランスまとめ

  • 初心者のホワイトバランス設定は、基本「オート」
  • 「これは自分のイメージと違うな」と思ったときだけ自分で変更する
  • ホワイトバランスは色温度とも呼ばれ、モードによって写真の色味を変えることができる
  • RAWとJPEGではホワイトバランスの考え方が変わる
  • ホワイトバランスを含め、基礎を勉強しよう

いかがでしたか?

ホワイトバランスに対する不安が小さくなったと思います。

ぜひ、これを踏まえて実践してくださいね。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

 

では、また(´∀`)ノ

記録画質をJPEGにしてピクチャースタイルを設定しよう
【カメラ初心者必見】記録画質をJPEGにしてピクチャースタイルを設定しようこの記事ではピクチャースタイルについて、初心者向けにわかりやすく説明しています。記事を読むことで、ピクチャースタイルを理解し、良い写真を撮っていけるようになります。カメラ歴4年のcanonユーザーである筆者が、初心者におすすめの設定や自身の設定なども解説していますので、知識のない初心者に有益な内容です。ぜひ参考にしてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA